〜知恵を出しあい協力しあってこの厳しい建築業界で勝ち残ろう〜
建築タイトル建築下請業者協力会
建築ログイン
=建設マッチングサイト発展版= 建築トップページ 建築求人広告 建築見積案件一覧 建築職人一覧 建築会員登録 建築職人登録
無料レポート進呈中
企業秘密でもある弊社の営業手法をご紹介しています。費用は一切かかりませんので一度読んでみてください。
初めての方へ
サービス案内
建築見積依頼
無料求人広告
建築見積紹介
建築見積購入
建築スカウトメール
建築会員掲示板
建築職人掲示板
建築Q&A
建築会社概要
建築商取法
建築個人情報について
建築お問い合わせ
HOME > 見積購入
見積購入

縮小する市場、多くの同業他社・・・
このような中、貴社は有効な手段をお持ちですか?

建設業界は、人口減少時代といわれる中、新築物件の需要は年々減少していくのはまず間違いありません。高度成長時代に建設された建物のリフォーム需要は増加するとはいわれておりますが、今後の展望は決して明るいとはいえず、縮小する市場の中で、全国で約28万社、個人経営を含めますと約56万社にものぼる企業群が生き残りをかけて競争していかざるを得ない状況です。

このような中で、歯を食いしばって耐えているような企業が大多数を占めているように感じるのですが、果たしてそれだけで将来明るい未来が開けるのでしょうか?

業界の問題点

諸会合などでの挨拶では、決まり文句のように今を辛抱すればいずれ良くなるといった挨拶もよく耳にしますが、果たして本当でしょうか?高度成長期ならいざ知らず、今日これらの企業群が共存共栄することは到底不可能です。



顧客のフォローだけでは尻すぼみ・・・

全体の需要が減っていく状況では、既存の顧客だけに頼っていたのでは、間違いなく仕事量が減っていきます。

そのような場合でも、今までなら紹介や関係の深い同業者筋などで仕事を回しあい何とか凌げていたとしても、今後そのような事はますます難しくなっていくでしょう。



ならば新たに顧客を開拓するしかないが・・・

仕事が減るならば、新規に顧客を開拓せざるを得ませんが、この業界は現場主体の会社が多いので、営業は苦手だという方も結構多いのではないでしょうか。そして、現場に追われてそんな時間はないという方もおられるでしょう。しかし、そうして頑張っている時でもリスクは去っていってはくれません。

そうならば新たにスタッフを雇って営業マンに育てるということになりますが、先行きの需要を考えると、失敗した時のリスクは決して小さくありませんし、スタッフを教育する労力やコストもかかります。

見積購入の必要性

また、新規営業といってもこのご時勢、危なくて出来ないという方もいらっしゃると思います。

そうなれば、別の収益源を模索するか尻すぼみになるかのいずれかになってしまいます。ですから今の仕事を続けていく限りは、与信管理をしっかりしながら前に進むしかありません。

そのような状況に最適なサービスが当会における見積購入なのです。

見積購入とは
見積購入のしくみ

見積購入とは、見積案件一覧で掲載されている発注会社の物件に対して、営業する権利を購入することです。このサービスを利用する事で、営業マンを新たに雇うよりはるかに低コストで新規営業をすることが出来ます。

通常、1人の営業マンが1ヶ月新規営業をしても見積もりを取得できる件数は5件にも満たないケースが大半です。当社の場合、ひどい時だと新規営業専任の3人の営業マンが1ヶ月営業して全部で2件しか取れない月もありました。

そうすると人件費と経費を考えますと給料が20万円×3人で経費も同じくらいの額がかかりますので、20万円×3人となります。すると合計で120万円÷2件となり見積もりを1件取得するコストが60万円もかかってしまうことになります。

仮に1ヶ月に5件取れる営業マンがいたとしても給料と経費で最低40万円はかかりますので、40万円÷5件=8万円となり、見積もりを1件取得するためのコストが8万円かかりますので、この見積購入を利用すれば大幅に新規営業コストを下げる事が出来ます。

ご利用上の注意点

ただし、ご利用に関して申し上げておきたいことがあるのですが、下記のような方はこのサービスには不向きです。

  • このサービスを利用すれば、受注が簡単に取れると思っている方
  • このサービスで商談した会社と成約に至らなかったら、以後その会社には営業活動をしない方
  • お金を払っているのだから何でもやってもらって当然という方
  • 商談相手の反応がいまひとつなのは納得できないと思われる方
  • 基本的に営業活動はあまりする気のない方

以上のような方は、このサービスをご利用されてもおそらくご自身が望むような成果は挙げられないと思います。このサービスはあくまでも営業活動の足がかりをご提供するものですので、受注をお約束するものでは一切ありません。

普通なら中々アポが取れなかったり、門前払いになってしまうところを、このサービスを利用する事で営業がしやすくなるというものです。

もし、営業して商談が成立しなければ、その原因を突き止め次回の営業に活かしてほしいのです。それを繰り返す事で、自社の営業力や弱点を改善出来ます。

これで業界の残存者に

仮の話で恐縮ですが、もし日本のすべての業者がこの会に参加すれば、この会の意義は薄れてしまいます。縮小する市場では、淘汰される企業が出るのはやむを得ません。その中で強い向上意欲を持った方が集まり、協力し合う事で相乗効果が生まれ、勝ち残る方が新たな付加価値を生み出せば、それは業界の発展へとつながります。

一刻も早く活気のある業界に生まれ変わるためにもぜひ主旨をご理解いただきご参加のほどお待ちしています。そして、このサービスを活用して突出した業績をあげられることを期待しております。

見積購入の進め方
見積購入の流れ

【見積購入の料金表】

見積購入 ビジター会員 メンバー会員
購入代金(1案件につき) 15,750円(税込) 10,500(税込)

通常この金額(営業経費)で見積案件を取得出来る営業マンはまずいません。
ぜひこの機会にこのサービスを活用して営業経費の削減を図ってください。

 もう少しサービス内容を理解したい方、疑問点のある方などは

 会員登録がまだの方は会員登録

 見積購入の詳しい手順は、こちら

 ご不明な点などは、Q&A

もご参照ください。

会員登録がお済みで見積購入を検討したい方は見積紹介一覧で希望する物件があるかどうか探してみてください。


HOME求人広告一覧見積紹介一覧職人さん一覧会員登録職人さん登録初めての方へ
サービス案内見積依頼無料求人広告見積紹介見積購入スカウトメール会員専用掲示板職人専用掲示板Q&A
会社概要特定商取法個人情報の取扱いお問い合わせ

(C) Copyright sansei, Inc. All rights reserved.